記事内に商品プロモーションを含む場合があります

あなたの年収は低い?薬剤師の平均年収と年収上げるためにできること

薬太郎
薬太郎

薬剤師にこれからなろうとしている方、なったばかりの方。薬剤師の一般的な年収と年収1000万を目指すにはどういうことをしたらいいかを書いていきます。

薬剤師の年収に関するデータ

男女別・年代別 薬剤師の平均年収


薬剤師の年収

薬剤師の年収
薬剤師の年収 年齢層

男女別で考えると男性の方が出産や育児で職場を抜けることが少ないため比較的高年収にあります。
もちろん女性でも管理薬剤師や店長をしていて仕事ができると高年収となる場合もあります。
年代別で行くと女性は50代でも収入が上がっていく傾向にあります。

↓統計情報はこちらを参考にしております。

都道府県別 薬剤師の平均年収

薬剤師の年収 都道府県別

地域差が非常に大きく、都道府県を変えただけで年収が上がる可能性があります。

業種別 薬剤師の平均年収

薬剤師の年収 業種別

病院薬剤師は病院にもよりますが、男性では家庭を持って生活するには苦しいくらいの給与のところもあります。

その場合調剤薬局に転職する例が多くあります。

ドラッグストアでいきなり年収を上げてから転職を繰り返す例もあります。

製薬会社は主にMR(医薬情報担当者)で営業を行うので営業能力や仕事の能力が高くなります。

MRは営業成績によっては年収1000万に到達することもあります。

過去5年間の薬剤師の平均年収推移

薬剤師の平均年収はすごく高いというわけではありませんし、今後セルフメディケーションなどでドラッグストア対象医薬品が増えるとその分ドラッグストアの需要が増えると思われます。
需要と供給で給与が変わるので、横ばいか上る可能性があります。

コロナの期間 2020年ー2021年などは全く年収に影響が出ていないことがわかります。

パンデミックなどの不測の事態でも薬剤師の年収は横ばいとなるようです。

薬剤師の年収 5年間推移

薬剤師とその他職種との平均年収の比較

他の医療職種の平均年収

医師の次に歯科医師の次に年収が高い職種となります。

診療放射線技師も薬剤師に迫る年収となっています。

看護師はパートや時短の方も多いため臨床検査技師よりも実質的な賃金は上になっていると考えて良いと思います。

日本の平均年収と薬剤師の平均年収

日本の平均年収と比べると高い年収となります。
給与アップはそれほど多くないため、年代では50代の上昇がやや低いです。

看護師の平均年収と薬剤師の平均年収

看護師の平均年収は508.1万円で薬剤師の平均年収の583.4万円よりも75.3万円ほど低くなっています。

どちらも女性が多い職場なのでパートや時短社員が多いとは思われますが、どの程度がその割合を占めるかは分からないので一概には言えませんが、夜勤なしでは明らかに看護師さんより高い年収となります。

看護師は仕事の能力によって年収がかなり左右される傾向にありますが、薬剤師は仕事の評価の差が年収に及ぼす影響はわりかし少ないと思って良いと思います。

医師の平均年収と薬剤師の平均年収

医師の平均年収は1428.9万円で薬剤師の2倍近くあります。
もし老舗薬学部に上位の成績で入れる人は医師を目指すことを検討しても良いと思います。

医師の年収は診療科ごとに大きく異なります。

【診療科別年収ランキング】

  • 1位:脳神経外科…約1,480万円
  • 2位:産科・婦人科…約1,466万円
  • 3位:外科…約1,374万円
  • 4位:麻酔科…約1,335万円
  • 5位:整形外科…約1,289万円
  • 6位:呼吸器科・消化器科・循環器科…約1,267万円
  • 7位:内科…約1,247万円
  • 8位:精神科…約1,230万円
  • 9位:小児科…約1,220万円
  • 10位:救急科…約1,215万円

薬剤師が年収をアップさせる方法

現在の職場で年収アップさせる

まずは現在の仕事を早く丁寧な仕事ができるように工夫してください。
さらに普段から薬学に関して勉強をしてください。
普段から頑張っていればそれを見てボーナスや昇給額が変わります。

現在の昇進条件を確認する

職場で昇進条件などが明示してあってすぐに確認できるようであれば、確認しておくとよいでしょう。
昇進条件を満たして、時期が来たらいつでも昇進できる準備をしておいてください。

認定薬剤師など資格取得を目指す

認定薬剤師について特別手当を出している薬局もあります。
認定薬剤師を取得できるように日々eラーニングを見て進めておいてください。

雇用形態を見直す

雇用形態を見直すことで給与や手取り金額を
変えることができます。
具体的には雇用契約を個人事業主のような契約に変えることができます。

薬剤師バイトをする

管理薬剤師でない方は単発の派遣バイトを行うことができます。
管理薬剤師の薬剤業務の副業は禁止されていますが、管理薬剤師でない方は薬局をかけもちしていても法律上お咎めはありません。
年額20万以下であれば、確定申告も申請する必要はないのでバレることはありません。
お小遣い程度であればこれでまかなうことができます。

派遣登録するならこちらへ↓

薬剤師転職ならセルワーク薬剤師

転職して年収アップさせる

薬剤師は転職することで年収がアップする職業と言っても過言ではありません。
新卒から同じところに勤めている人と中途採用で途中から入ってきた人と比べると中途採用で途中から入った人の方が給与が高くなるケースが多いです。

薬剤師が転職すると、基本的に前職より高い給与を提示されるため、力をつけて数回転職すると良いです。

管理人おすすめはファルマスタッフです↓

薬剤師の転職&派遣ならファルマスタッフ

管理薬剤師を目指す

管理薬剤師になることによって年収が50万くらい変わってくるところが多いです。
管理薬剤師を一度経験しておくと、その後の転職についても有利に働きます。
なので年収上げたい場合は一度でも管理薬剤師を経験しておくのが良いでしょう。

派遣薬剤師で年収アップ

派遣薬剤師として登録して働くというのも年収が上がる働き方の一つです。
派遣薬剤師の時給はかなり高い方なので、それを毎日行うことで普通の正社員よりも高い年収となります。

正社員は時給換算で3000円程度となるため、派遣薬剤師で時給3000円以上で週5日8時間働くことができれば正社員以上の年収となります。


デメリットとしては正社員として扱ってもらえないので重要な仕事や教育を受けられない可能性があります。

派遣薬剤師に興味ある人は↓から登録してみてください。



調剤薬局薬剤師で年収1000万目指すには?

1000万円も夢じゃない?薬剤師が年収をアップさせる方法

  • ドラッグストア系列に就職し、新卒で最高年収とする。年収500−600万
  • 転職をし、前年度年収以上の額で転職する。年収600-700万
  • 転職先で管理薬剤師やエリアマネージャーなど管理業務を覚える。年収700-900万
  • 中小規模の調剤薬局へ転職する。年収1000万

※転職の時に条件は「年収」以外は一切言わないことです。

実際にこれを行った方のブログがあります↓

独立して開局したら年収1000万以上を目指せる!


薬剤師は独立して開局するという手段があります。

開局には方法が主に2種類あります。

自分で営業して開局する場合

新規クリニック立ち上げの時や仲の良い医師の先生が独立する時などに声をかけて開局することができます。

開局してしばらくは赤字が続きますが、2−3年して患者さんが増えてくると年収1000万に届くでしょう。

また、数店舗経営すると1000万どころではなくさらに上を目指すことができます。

薬局のM &Aを行う

まとまった資金がある方は老舗薬局などでこれ以上社長をやりたくないという方が薬局を売りに出している場合があります。
小規模の薬局もあるので自分の実力と資金に見合ったところをM&Aして自分なりの薬局にすることも可能です。
現在働いている薬剤師さんや事務さんは継続されるかどうかは案件ごとに異なりますのでよく確認してください。
M&Aの場合はすでに処方箋が何枚来るとか売上がある程度わかっているのであとはあなたのモチベーションや仕事の速さによって利益が変わるでしょう。
これについても数店舗経営になると年収1000万どころではなく青天井を目指せます。

プロフィール
この記事を書いた人
薬太郎

現役薬剤師、管理薬剤師。

グループ病院にて5年勉強。
100床程の病院にて医薬品安全管理責任者
感染対策委員会や医療安全委員会にも携わる。
その後、調剤薬局で様々な店舗を経験。

薬剤師以外の方が作っている転職サイトが多いため、転職の現場に沿った内容を伝えていきたいと思います。

薬太郎をフォローする
薬剤師 年収

コメント

タイトルとURLをコピーしました