記事内に商品プロモーションを含む場合があります

麻疹(はしか)患者が急増中!調剤薬局薬剤師にできることとは?

薬太郎
薬太郎

麻疹(はしか)が急速に患者数が増えていっています。
もしこの麻疹患者さんがいらしたときに調剤薬局薬剤師は何ができるのか。
感染対策委員会にいた薬太郎の視点から解説していきます。

麻しん(はしか)は空気感染!ワクチン打っていないとほぼ100%感染

麻しんは、麻しんウイルスによって引き起こされる急性の全身として知られています。

麻しんウイルスの感染経路は、空気感染飛沫感染接触感染で、ヒトからヒトへ感染が伝播し、その感染力は非常に強いと言われています。


 免疫を持っていない人が感染すると、ほぼ100%発症し、一度感染して発症すると一生免疫が持続すると言われています。

一度日本では排除されたがその後海外から少しずつ入ってきていた

麻しんは、過去の推移を見ると、平成19・20年に10~20代を中心に大きな流行がみられましたが、

平成20年より5年間、中学1年相当、高校3年相当の年代に2回目の麻しんワクチン接種を受ける機会を設けたことなどで、平成21年以降10~20代の患者数は激減しました。

また、平成22年11月以降のウイルス分離・検出状況については、海外由来型のみ認めており、
平成19・20年に国内で大流行の原因となった遺伝子型D5は認めておりません。

平成27年3月27日、世界保健機関西太平洋地域事務局により、日本が麻しんの排除状態にあることが認定されました。
かつては毎年春から初夏にかけて流行が見られていましたが、排除後は、海外からの輸入例と、輸入例からの感染事例のみを認める状況となっています。

症状は風邪用症状。死亡率は0.1%

感染すると約10日後に発熱や咳、鼻水といった風邪のような症状が現れます。
2~3日熱が続いた後、39℃以上の高熱と発疹が出現します。 

肺炎、中耳炎を合併しやすく、患者1,000人に1人の割合で脳炎が発症すると言われています。
死亡する割合も、先進国であっても1,000人に1人と言われています。

麻疹患者接触後72時間以内ならワクチンが有効

麻しんは感染力が強く、空気感染もするので、手洗い、マスクのみで予防はできません。
麻しんの予防接種が最も有効な予防法といえます。また、麻しんの患者さんに接触した場合、72時間以内に麻しんワクチンの接種をすることで、麻しんの発症を予防できる可能性があります。

 接触後5、6日以内であれば、γ-グロブリンの注射で発症を抑えることができる可能性がありますが、安易にとれる方法ではありません。

詳しくは、かかりつけの医師とご相談ください。
 また、定期接種の対象者だけではなく、医療・教育関係者や海外渡航を計画している成人も、麻しんの罹患歴がなく、2回の予防接種歴が明らかでない場合は予防接種を検討してください。

麻しん含有ワクチン(主に接種されているのは、麻しん風しん混合ワクチン)を接種することによって、95%程度の人が麻しんウイルスに対する免疫を獲得することができると言われています。
 また、2回の接種を受けることで1回の接種では免疫が付かなかった方の多くに免疫をつけることができます。
2006年度から1歳児と小学校入学前1年間の小児の2回接種制度が始まり、2008年度から2012年度の5年間に限り、
中学1年生と高校3年生相当年齢の人に2回目のワクチンが定期接種として導入されていました。

ワクチンを打っていない人はどうすればいいか

ワクチン接種が行える病院は多いので大人で打っていない人は自費となるようです。

麻疹ワクチン :4,000円~7,000円程度 との記載があります。

下のサイトからお近くの取り扱い病院を探してみると良いと思います。

麻疹・風疹混合(MR)ワクチンを接種可能な病院 | 病院なび
全国の麻疹・風疹混合(MR)ワクチンを接種可能な病院の一覧です。病院なび(病院ナビ)では診療時間、診療科目、部位ごとの症状などの条件から全国の医療機関の情報や口コミ、評判を検索できます。

妊婦さんは麻疹(はしか)に注意したほうが良い

妊娠していない時に比べて、妊娠中は麻疹(はしか)が重症化しやすい傾向があります。ただ、奇形や先天性の障害など、おなかの赤ちゃんへの影響はほとんどないといわれています。

妊娠中は、予防のためのMR(麻疹風疹混合)ワクチンを打つことはできません。同居している家族など身近な人が、妊婦さんにうつさないようにワクチンを打つことが大切です。

妊娠中の麻疹(はしか)感染に注意。予防の知識を身につけよう|ママ、あのね。
麻疹(はしか)は、麻疹ウイルスに感染することで起こる感染症です。妊婦さんが感染してしまった場合、高熱が続くなどの症状は母体にはとてもつらいものであるため、医師が母体の負担と赤ちゃんの週数を考えた上で、早産にしたほうがいいと判断する場合があり...

患者さんへ麻疹(はしか)をどう説明するか

不用意に恐がっている患者さんが多いと思いますので以下のように正しい情報を提供すれば良いでしょう。

  • 死亡率は0.1%程度
  • 2回目のワクチンを打っていないなら早急にワクチンを打つ→病院を案内する
  • 感染力が強すぎるので麻疹に気をつけてないで他の感染症を考えてマスクや手洗いなどの通常の感染対策のみ行えば良い
  • 妊婦さんは主治医と相談すること

まとめ

  • 麻疹(はしか)は空気感染するのでワクチン接種していないとほぼ100%感染する(空気感染)
  • 日本では一度麻疹が出なくなったが、再び海外から持ち込まれ始めた
  • 死亡率は0.1%。症状は高熱で風邪のような症状
  • 麻疹患者接触後72時間以内ならワクチンが有効
  • 麻疹ワクチンの定期接種は2回。2回目を打っていない人は自費で早めに打ったほうがいい
  • 妊婦さんは麻疹(はしか)に注意。ワクチン打てないので周りの人が打って感染予防するように
  • 患者さんへ麻疹(はしか)をどう説明するか
薬子
薬子

テレビや雑誌は不安を掻き立てるので、落ち着いた冷静な情報を提供してあげてください!

プロフィール
この記事を書いた人
薬太郎

現役薬剤師、管理薬剤師。

グループ病院にて5年勉強。
100床程の病院にて医薬品安全管理責任者
感染対策委員会や医療安全委員会にも携わる。
その後、調剤薬局で様々な店舗を経験。

薬剤師以外の方が作っている転職サイトが多いため、転職の現場に沿った内容を伝えていきたいと思います。

薬太郎をフォローする
薬剤師悩み解決

コメント

タイトルとURLをコピーしました