記事内に商品プロモーションを含む場合があります

【薬局薬剤師へ】あなたが仕事を休んでも良い理由


  • 仕事に行こうとすると吐き気がする。
  • 仕事に行きたくなくて体が動かない。
  • 何もしていないのに涙が出てしまう。

少なくともこんな症状が出ているのであれば、
仕事を休むことを考えてください。
それはあなたの体から発せられているサインです。

それらの症状がなくても休んだほうがいい場合があります。

もし、辞めることがとても難しいのであれば
退職代行サービスというものもあります。



薬局はあなたが休んでも何とでもなる!

実はあなたがいなくてもそんなに職場は困りません

もちろん突然連絡もなく休んだら職場にかなり迷惑をかけるかもしれません。


でも、体調不良は誰にでも起こり得ることであるし、いくら患者様がいたとしてもその対応をできるあなたが体調不良ではできる仕事もできないでしょう。

それにあなた一人が休んでその薬局が回らなくなってしまうのであればそれはあなたの責任ではなくてそこの上司の責任です。

あなたが出勤できるかどうかは上司や会社の責任

なのであなたが休んだからといってその当日は困るかもしれませんが、次の日以降は代わりの対策をいくらでも考えています。


たとえ一人薬剤師であったとしても、人数の少ない薬局だったとしても、体調不良が続いてしまうのであればしっかりと休みを取るべきです。

もし体調不良でも休みが取れないのであればその会社はあなたよりも売上のことだけしか考えていない会社なのでしょう。
世の中には様々な会社があります。
ブラックな職場とホワイトな職場とあります。

環境が悪ければあなたが頑張っても何も変わらない

そこの上司や社長の考えで環境はいかようにも変わります。

ホワイトな会社であってもブラックな店舗もあります。
逆にブラックな会社でもホワイトよりな店舗もあります。

薬局長やエリアマネージャーの力量にもよるのでしょうが、そういう上司や社長の力で薬剤師の職場はピンからキリまで変わっていきます。

環境を変えるようにあなたが努力することは素晴らしいです。
かなり勇気ある行動であるでしょうし、それは患者様から従業員、会社にとって素晴らしいことです。

ですが、残念ながら薬局という会社の多くは家族経営であったりすることも多く、正当な評価がなかったり、ブラックな環境を作ってしまっている場合があります。
社長や取締役がまともでなければあなたがどんなに努力しても水の泡となってしまいます。
あなたの体は1つしかありません。
そんな会社で人生を消耗してもいいのでしょうか。

薬局はコンビニ並みにたくさん存在する

薬局は日本に50000店もあります。

一つの薬局でダメだったからと言って落ち込む必要はありません。


あなたが働くべき薬局はいくつもあるはずです。

悩むということはずっと同じことをグルグルと考え続けることです。
嫌な職場はこれからも嫌な職場であり続けます。

変えるならあなた自身が環境を変える努力をすべきです。

あなたのその努力をサポートしてくれる人がいます。

転職会社の人が親身に考えてくれます。

あなたの悩みを改善できるような職場を検討してくれます。

もやもや悩んでいないで、まずは登録して自分にふさわしい薬局があるのかどうかを相談しましょう。

あなたが無駄にその職場で人生を消耗する前に、人生を変えるなら今ならまだ間に合います。

↓当サイトではファルマスタッフをお薦めしています。

薬剤師の転職&派遣ならファルマスタッフ

コメント

タイトルとURLをコピーしました